「パテ」でふさぐ

「パテ」でふさぐ

パテを使用して壁穴をふさぐ工法です。パテとはセメントの孫みたいなものです。粉を水で溶いて練り上げます。粘土みたいになったら壁に塗ります。しばらく放置すると石みたいに固くなります。
あくまで「補修工事」ですので「100%、跡かたもなく。」という保証はできません。
「壁紙」によります。「やってみないと分からない。」所をご理解ください。
比較的小さい凹み(穴)の場合のみ対応します。
下地がフガフガ浮いている感じの場合は、ほぼやめた方が良いです。

  • パテでおさまる程度のヘコミ。
  • 直径1~3センチくらい
  • 30分~1時間

この工法の条件

下地(石膏ボード)が完全に抜けている場合はこの工法は向きません。
既存の壁紙(破れた壁紙)を再利用する場合には、穴の大きさが3センチ前後だとつなぎ目が目立つ場合があります。

施工事例

事例1 凹みが浅く小さい

穴が開いているのではなく、へこんでいる状態です。凹みも浅く、範囲も小さい状態です。
クリックすると画像拡大
パテ補修 パテ補修 パテ補修 パテ補修 

パテ補修 パテ補修 パテ補修 パテ補修

事例2 穴が小さい

穴は開いていますが、非常に小さいです。壁紙の破れも少ない状態です。
パテ補修 パテ補修 パテ補修 パテ補修 

パテ補修 パテ補修 パテ補修 パテ補修

下地の状況や壁紙によって石膏ボードを交換する場合もあります。しかし、料金は変わりません。ご安心ください。


まずは画像を送って見積もりを依頼する

基本的に即日返信します。



戻る

Tag: 壁穴 作業説明 施工事例


「紙」でふさぐ
金属の板でふさぐ
「下地」から直す


戻る