すき間、よれ

天井と壁のすき間が出来たり、壁の隅の壁紙がよれてしまったりすることがあります。
壁紙はしょせん表面を覆うだけのもの。下地の建材が縮んだり、動いたり(専門用語で「暴れる」と言います。)してしまうと起きる現象です。
すき間、壁紙のよれ すき間、壁紙のよれ
すき間は専用の補修材ですき間を埋めます。
(「目立たなくなる」という補修です。)

すき間、壁紙のよれ すき間、壁紙のよれ すき間、壁紙のよれ すき間、壁紙のよれ
隅のよれはいろいろと対応してから専用の補修材で表面を仕上げます。
(「目立たなくなる」という補修です。)

解説

ご理解お願いします。

完全に解決するのは貼り替えるしかないと思います。ですが、「よれ」の現象は貼り替えても、またなることがあります。クロスの問題ではないんでしょうね。

まずは画像を送って見積もりを依頼する


戻る


Tag: その他補修 施工事例 ひび すき間