ひび割れの補修

ひび割れ(クラック)の補修事例です。
工事内容は「目立たなくする」と言うことが目的でクラックそのものを修繕するものではありません。

安くて「現状よりはマシ」という補修方法です。
やっぱり、一面貼り替えが一番きれいです。

ひび割れの補修 ひび割れの補修

壁紙を剥がす

クラック箇所を巾15cmから30cmくらい剥がします。
ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修 

ひび割れの補修

ちなみに「横方向のクラックが長い場合」はこの方法はお勧めできません。
(場所や壁紙にもよるんですが・・・)

剥がした壁紙を貼り戻した時に壁紙のつなぎ目が目立つ場合が多いです。
(横方向のつなぎ目が長い場合、目立つことが多いのです。不思議ですね。)

下地を調整します。

パテで下地を調整します。
多少の改善にはなると思うのですが耐久性には不安があります。
永続的な改善効果を期待するものではありません。
ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修

ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修

ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修

剥がした壁紙を貼り戻します。

破れた壁紙を再利用します。
今回の場合は『よく見ればわかる』程度にまでは仕上げることが出来ました。
ひび割れの補修 ひび割れの補修 ひび割れの補修

ただし、全ての壁紙でここまでのクオリティーが達成されるものではありませんよ!壁紙によります。やってみなければわかりません。本当に分からないのです。

戻る


Tag: 補修 施工事例