アンカー穴の補修

照明器具などを石膏ボード下地の壁に取り付ける場合にはアンカーと言う物を良く使います。
何かの(強烈な)はずみで取れてしまうことは良くあります。

そうなってしまった場合の補修事例です。

アンカー穴の補修 
石膏ボードを部分補修します。
アンカー穴の補修 アンカー穴の補修
壁紙を戻して器具を再設置します。
アンカー穴の補修

今回の場合

予備の壁紙(補修用の壁紙)が無かったためめくった壁紙を再利用しました。
また、照明器具をつなぐ線が「差し込みタイプ」の物であったのでこのような工事が可能になりました。線と線をつなぎ合わせるような場合は電気屋さんに処理してもらうことになります。漏電が怖いですからね。私はやりたくありません。

戻る


Tag: 補修 施工事例