キズ補修

「切り貼り」 料金10000円から

あくまで「補修工事」ですので「100%、跡かたもなく。」という保証はできません。
「壁紙」によります。「やってみないと分からない。」所をご理解ください。

クリックすると拡大します。
切り貼り 両面テープの跡
ビスや釘、両面テープの跡、ちょっとしたキズは「切り貼り」という補修方法があります。
切り貼り 切り貼り 切り貼り 切り貼り 

切り貼り 切り貼り 切り貼り 切り貼り
この方法で施工した場合、賃貸物件の退去時に指摘を受けないという保証は出来ません。
全く分からなくなる場合もあります。(やってみないと分かりません。)

この工事を成立させるためには一つ大きな問題があります。
綺麗に補修をやるためには同じ壁紙、つまり補修用の壁紙が必要です。
「分かってくれよ~編」

「突っ張り棒」を外したら・・・

キズ補修 キズ補修 キズ補修 キズ補修
このパターンもよくあるんですよね。
注目は補修用の壁紙をどうやって用意するか?

例えば「下駄箱の下」

下駄箱の下は死角ですよね。ここから壁紙を剥がして「似た壁紙を貼りました。」
下駄箱の下 下駄箱の下

そして「切り貼り」しました。

キズ補修 キズ補修
この様に、「同じ品番」「同じロッド」の壁紙で補修すれば目立ちにくいです。

キズ補修の施工事例2

戻る

Tag: 補修 作業説明 施工事例


一戸建てにお住まいの方は

「一戸建ての補修」