キズ補修

「切り貼り」 料金10000円から

壁紙に出来た傷の補修は「切り貼り」という部分補修で対応します。料金は1万円からとなります。
ただし、消費税と駐車料金は別途となります。また、お住いの場所によっては「交通費(出張料)」が発生する場合もあります。
ほとんどの場合は1万円です。
キズが大きかったり、2か所以上あるなど、作業量によって料金は変わります。だからと言って、「2か所あるから2万円」などと言った野暮なことはしません。ご安心ください。
作業時間は短くて30分ぐらい。平均1時間前後です。(もちろん量にもよりますよ)
あくまで「補修工事」ですので「100%、跡かたもなく。」という保証はできません。
「壁紙」によります。「やってみないと分からない。」所をご理解ください。

クリックすると拡大します。
切り貼り 両面テープの跡
ビスや釘、両面テープの跡、ちょっとしたキズは「切り貼り」という補修方法があります。
切り貼り 切り貼り 切り貼り 切り貼り 

切り貼り 切り貼り 切り貼り 切り貼り
この方法で施工した場合、賃貸物件の退去時に指摘を受けないという保証は出来ません。
全く分からなくなる場合もあります。(やってみないと分かりません。)

ここがポイント!

この工事を成立させるためには一つ大きな問題があります。
綺麗に補修をやるためには同じ壁紙、つまり補修用の壁紙が必要です。どこか別の場所の壁紙を剥がします。その壁紙を再利用して補修するのが一番きれいです。
よくわからないと思うので以下のページを見てください。
「分かってくれよ~編」

「突っ張り棒」を外したら・・・

突っ張り棒を外したら壁紙に跡が付いてしまった。よくある事例です。棒の後が付いたり、棒に壁紙がくっついちゃったりするんですよね。
キズ補修 キズ補修 キズ補修 キズ補修

このパターンもよくあるんですよね。
注目は、補修用の壁紙をどうやって用意するか?

例えば「下駄箱の下」

下駄箱の下は死角ですよね。仮に全く違う壁紙を貼ったとしても誰も気づきません。ここから壁紙を剥がして「似た壁紙を貼りました。」
下駄箱の下 下駄箱の下

そして「切り貼り」しました。

キズ補修 キズ補修
この様に、別の場所から剥がした壁紙は「同じ品番」「同じロッド」の壁紙です。その壁紙を使って補修すれば、補修個所は目立ちにくいです。

キズ補修の施工事例2

まずは画像を送って見積もりを依頼する


戻る

Tag: 補修 作業説明 施工事例


一戸建てにお住まいの方は

「一戸建ての補修」