ペットの補修に関して

ボロボロになった部分の補修用の壁紙をどうするのか?という課題があります。

画像の説明

壁紙は今現在貼ってある壁紙で補修しないと違和感が発生します。たとえ新たに用意した同じ品番の物で補修してもいかにも、「ここだけ貼り替えました。」と言う感じになってしまうものなのです。
(貼り替えた部分の色が「ちょっと濃い。もしくは薄い。」と言う具合に。)
詳しくはコチラ「材料が無い場合」
これでは問題が解決したとは言えないですよね。

そこで、この問題を解決するための方法を理解してください。

どこか、目立たない場所の壁紙を再利用する。
お家の中で、クローゼットの中や下駄箱の下などの壁紙を剥がして使います。例えるなら、皮膚移植みたいなイメージです。剥がしたところは、私の車に積んである在庫の中から一番違和感が少ないものを貼っておきます。

目立たない場所については、こちらで詳しく説明しています。
このページは必ず目を通してくださいね。
どんなところを剥がすのか

「どんなところを剥がすのか?」施工事例

剥がす場所が決まりましたらメールで画像を送ってください。その場所が問題ないかどうか判断します。

「同じもの、違和感がより少ないもので貼り替えてほしい。」と言う場合は

サンプルを送ってください。私が壁紙を探します。
同じ壁紙は、もうすでに廃番になってしまっている場合もあり得ますが、似たものを探します。
ここで注意して欲しいのは、サンプルは4センチ角程度の大きさであることが大事です。小さいものでは参考になりません。
たまに、強引に小さいサイズで送ってくる方がいらっしゃいますが、毎回、再度送ってもらっています。全くの無意味です。

マックスインテリアの住所は

〒136-0076
東京都江東区南砂5-24-17 加賀美コート601
マックスインテリア

何だかややこしいですよね

大丈夫

ペットの補修はちょっとだけ複雑ですかね?でも、大概何とかなるんです。あなたが理解さえしてくれれば、対応策は生まれると思います。私に協力的になって一緒に問題に取り組みましょう。おじさんは、極力何とかしてあげたいと思っているのですよ。

男前なんだから


まずは画像を送って見積もりを依頼する

Tag: ペットのいたずら補修 剥がす場所

戻る