ロッドについて

壁紙にはそれぞれの「品番」のほかに「ロッド番号」というものがあります。
「品番」は商品を区別する番号。
「ロッド番号」とは生産するときに使用した色の番号。

仮に同じ色を作ろうとしたときに、同じ分量で色を混ぜ合わせても同じ色にならない
微妙に違う
例えば「青色」「黄色」を2つの容器に同じ分量ずつ混ぜ合わせたとしても2つの容器に出来た「緑色」は全く同じにはならない。
微妙に違う。「やや明るい。」「やや暗い。」と言う風に・・・

だからロッド(樽?)に番号をつけているのです。

色に番号を付けて何の意味があるの?

色の違いがはっきり出るかも?

同じ色を同じ量で調合して色を作っても全く同じ色にはならないのです。
例えばロッドの違う壁紙を貼り合わせると色の違いがくっきり出てしまうことが多いのです。
(*色の違いを感じない場合もあります。貼ってみないと分かりません。)
だから、作った色に対して「番号」をつけているのです。

ロッドが違う壁紙を使用する場合。

一面貼り替え

隅で区切ります。
「隅で区切る」とは「隅から隅までの一面を貼り替える。」ということです。このようにして貼ると色の違いを感じることはありません。

「隅」がいまいち分からない場合はこちらを参考にしてください。
「面で貼り替える」とは



戻る


Tag: 補修の予備知識