収納の中の壁紙を再利用

例えば、こんな状態の場合。既存の壁紙を再利用することはできません。
補修用の壁紙が必要です。

クリックすると画像拡大
壁紙のやりくり

収納内の壁紙を利用します。
壁紙のやりくり

剥がした所には似たような壁紙を貼ります。
壁紙のやりくり

剥がした壁紙を利用して補修します。
壁紙のやりくり 壁紙のやりくり 壁紙のやりくり

解説

壁紙の部分補修は「同じ品番、同じロッド」が原則です。そういった「しばり」が補修を難しくしています。その問題点を解決するのが「壁紙のやりくり」です。普段気にかけない部分の壁紙を再利用することがポイントです。





戻る


Tag: 画像集 施工事例 剥がす場所