塗装壁(ペンキが塗ってある壁)の工事

色が作れない

壁や壁紙に塗装してある場合は、破損前と同じ様な状態に修繕することが出来ません。
穴はふさげますが、表面の塗装仕上げが出来ません。
私には同じ色が作れないのです。
(色合わせは難しいのです。)

居酒屋の踊り場の壁が壊れました。

お客さんに同じ色の塗装が難しい事情を説明し「仕上げは『壁紙』で構わない。」ということで工事しました。
塗装壁の工事 塗装壁の工事 塗装壁の工事 塗装壁の工事

塗装壁の工事
破損した部分の石膏ボードを取り除きます。新しい物に交換します。(今回はベニヤを使用しました。)パテで表面を平らにして「壁紙」を貼りました。

塗装までした

塗装壁の工事 塗装壁の工事 塗装壁の工事
「色が変わっても構わない。」と言うことなので塗装までやりました。微妙な色合いが分からなかったので塗料はお客さんに用意してもらいました。

下地だけ直した

塗装壁の工事 塗装壁の工事
「下地だけでも直してほしい。」と言うことなのでやりました。別口で塗装屋さんを呼ぶとのことでパテはやりませんでした。(パテは塗装屋さんの方が上手なので)

赤い塗装壁

塗装壁の工事 塗装壁の工事 塗装壁の工事
こちらも下地だけとりあえず直してほしいということです。こちらはパテまでしています。この状態で私の仕事は完成です。

解説

とにかく、塗料の色合わせが難しくて私にはできません。
「同系色なら何でも良い。」と言うのであればやぶさかではありません。

上記事例のように「穴をふさぐだけで構わない」のであれば、そのように言ってください。最初の問い合わせの際に、そのように言ってもらわないと「塗装の補修は私にはできません。」と断ってしまいます。お気を付けください。

こちらも読んでみて下さい。
塗装(ペンキ)の壁に穴を開けてしまったとき

色が作れません。


まずは画像を送って見積もりを依頼する

基本的に即日返信します。




戻る


Tag: 壁穴 作業説明 施工事例