塗装(ペンキ)の壁に穴を開けてしまったとき

精神論です。

マックスインテリアは壁紙しか直せません。

おじさんは、壁紙の職人です。だから、壁紙を使った壁穴しか直せません。なぜ塗装の穴が直せないのか?ペンキの穴の何が問題なのか?それは、色が作れないんです。元の色に合わせてペンキを塗るのは難しいのです。

自分で塗装の会社を探して下さい。

おじさんは、もう10年このサイトをやっています。その間に、多くの塗装壁の穴について相談を受けてきました。その度に、「塗装屋さんに相談して下さい。」と言ってきました。そろそろ、塗装屋さんにも、こういうサービスをやるところが出てきてもおかしくないと思います。

やれることをやりきった方が心が落ち着く。

塗装屋さんが見つからない場合もあるでしょう。ですが、簡単に諦めずにあれこれ思案して、行動につなげて下さい。ポイントは「行動」することです。考えるだけではいけません。ダメ元で塗装屋さんに電話をかけまくったり、関係各所に相談してみたり。そうすることで、あなたが自身を助けることが出来ます。やった人にしか分からない、「腹がくくれる。」という状態になるはずです。

ピンチで踏ん張る。

やってしまったことをアレコレ考えても未来は変わりません。行動によってでしか未来を変えることは出来ません。しかし、行動しても直接的な解決につながらないかもしれません。しかし、自分自身は変わります。それが一番大事なことだと、おじさんは信じています。
ピンチな時に踏ん張る。これがあなたを変えます。「踏ん張る」とは自身の理性を引き出すことです。わずか1%の確率しかないことまでやり尽くすことだと思います。

「転んでもただで起きない。」そう言うしぶとさ、いさぎの悪さ。格好イイじゃないですか。それで、みっともなく負けるのも人生。日本では「寅さん」、アメリカでは「ハードボイルド」。
ちなみに、ハードボイルドの日本語訳は何というか知っていますか?「やせ我慢」と言うらしいですよ。やれることをやって、笑っときましょう。

戻る


Tag: コラム