壁の下側だけ貼り替え

キッズルームの補修工事です。
「下側だけボロボロになってしまって・・・」

子供時代

子供は好奇心の塊です。壁紙をめくったり、破いたり、足でけったり。その感触が良いんでしょうね。私も子供のころ霜柱や水たまりの氷を踏むのが好きだったなぁ。(都会の子には分かんねぇだろうな)踏むことに執着してたもんな。

施工事例

そこで、壁紙を全面貼り替えるのではなく、下側だけ貼り替えました。
通常は縦に使う壁紙を横向きに貼って「つなぎ目」を必要最小限にしました。
違う壁紙を貼っても、意外と違和感は無いと思います。

壁の下側だけ貼り替え 壁の下側だけ貼り替え 壁の下側だけ貼り替え

壁の下側だけ貼り替え壁の下側だけ貼り替え 壁の下側だけ貼り替え 壁の下側だけ貼り替え

解説

当初「部分補修でも構わない。」と言う依頼でしたが、「一思いに端から端まで貼り替えた方が良いな。」と判断してこの様な対応にしました。

「壁紙が変わっても構わない。」と言うことであれば、この方法をお勧めします。
(横向きだけではなく。)大きくはっきりと貼り替えた方が、さっぱりとして綺麗になった感が上がります。

おすすめ!

「壁紙を横向きに貼る」ことはいくつかのメリット生みます。

  • つなぎ目が無くなる。
  • 違う壁紙でも違和感が少ない。
  • 必要最低限の貼り替えで綺麗になる。

部分補修を繰り返すより、例え下側だけであっても、大胆に貼り替えをする方が綺麗になります。精神的にもさっぱりすると思います。


まずは画像を送って見積もりを依頼する


戻る


Tag: その他補修 施工事例 壁の下側だけ