壁の下側だけ貼り替え、その2

腰下とは

子供部屋の事例です。壁の下側のことを「腰下(こしした)」と言います。「腰下の貼り替え」と言う工事事例です。

腰下とは:
『腰下』の場所は、腰から下側のことを指します。画像の様に、窓枠の下側に合わせて貼るのが一般的です。とは言っても、特に決まりはありません。
腰下に貼る場合は壁紙を横向きに貼るのが一般的です。そうすることで『繋ぎ目』を作らずに貼ることが出来て仕上がりも綺麗です。

腰下の貼り替え 腰下の貼り替え 腰下の貼り替え 腰下の貼り替え

腰下の貼り替え 腰下の貼り替え  腰下の貼り替え 腰下の貼り替え

腰下の貼り替え 腰下の貼り替え

解説

まだ子供が小さいころに壁紙を破いたそうです。子供が少し大きくなり、模様替えの期会に私に依頼が来ました。こんな感じの条件でした。

ここがポイント
  • 全部貼り替えるのはもったいない。
  • 家を買った時の壁紙の余りがある。
  • ただし、余っているのは子供部屋の壁紙ではない。
腰下だけ貼り替え

腰上まで破れてしまった個所は、腰下を剥がした壁紙を再利用しました。部分補修です。画像の様に、柄を合わせれば、それほど違和感は出ませんでした。
写真を撮り忘れましたがちゃんと切り合わせて仕上げています。

まずは画像を送って見積もりを依頼する

戻る


Tag: その他補修 壁の下側だけ