奥様へ

後悔してるんです

後悔してるんです。

壁に穴をあけてしまった時、ほとんどの人が驚き、後悔します。

よくある話は、

  • {頭にきて叩いてしまった。
  • わが子がいきなり壁に穴をあけた。
  • 旦那がけんかの最中に壁を叩いた。
  • 妻が壁に物を投げた。

たった一度の過ちで・・・

これらのことがらを怒りの結果、「暴力に物を言わせて相手を服従させる行為に走った。」と”だけ”考えるのはいかがなもでしょうか?
ありきたりですが人間は誰でも頭に来ます。
「なんでわかってくれないんだ!」
という感じになることはだれしもが経験したことがあると思います。
だから壁に穴をあけてもいいと言っている分けではありませんよ。奥さん。
「魔が差した」とでも言うのでしょうか。
本人が一番驚いているですよ。(内心は)
「まさか、壁に穴が開くなんて・・・。」

一回だけ勘弁してあげてください。

何を言いたいかと言うと、ほとんどの人はその怒りの方向を相手ではなく自分に向けた結果と私は感じます。
理解されない、上手くいかないことを歯がゆく思い、自分自身を痛めつける行為なのではと思います。

だから、1回だけ許して下さい。(2回目以降はしらんけど)

だから、許してあげてください。

ごめんなさい

壁なんて直せばいいんです。
文句言っても、怒っても、直るまでグチグチ言ってもいいです。
ただ、直った後は許してあげてください。
直した後の当事者のホッとした顔を見ると何とも言えません。

直るまでは本人が一番不安です。

  • 穴だけ直せるのか?
  • 一体いくらかかるのか?
  • 現場を見られるのが恥ずかしい。
  • どんな奴が直しに来るのか?
  • きちんと直るのか?
  • 直した後でぼったくられるんじゃないか?

自業自得とはいえ、何とも悲惨です。
もう一度言います。
許してあげてください。
お願いだから。





戻る


Tag: コラム