補修は1万円から

壁穴補修の料金は『1万円から』となります。ただし、消費税と駐車料金は別途となります。また、お住いの場所によっては「交通費(出張料)」が発生する場合もあります。
ほとんどの場合は1万円です。
穴が大きかったり、2か所以上あるなど、作業量によって料金は変わります。
作業時間は短くて30分ぐらい。平均2時間以内には終わります。(もちろん量にもよりますよ)
あくまで「補修工事」ですので「100%、跡かたもなく。」という保証はできません。
「壁紙」によります。「やってみないと分からない。」所をご理解ください。
「ビフォア・アフター」


補修方法は4パターン

壁穴の補修方法は4パターンです。いろいろありますが、『「下地」から直す』と言う方法で直すのがほとんどです。一番しっかり直す方法です。

「下地」から直す一番多い

003.JPG

10000円(税別)から
もっと詳しく

「パテ」でふさぐ二番目に多い

s_tuke005.JPG

10000円(税別)から
もっと詳しく

「金属の板」でふさぐ

mp009.JPG

10000円(税別)から
もっと詳しく

「紙」でふさぐ

s_hukuro.png

10000円(税別)から
もっと詳しく


まずは画像を送って見積もりを依頼する


出来ませ~ん

注意 私にはできない補修があります。

壁紙専門の職人なので、壁紙以外の補修は私には出来ません。ご理解ください。

「塗装(ペンキ)」

塗装の補修 塗装の補修
壁や壁紙に塗装している場合は補修できません。
穴だけをふさぐことは可能ですが、表面を塗装で仕上げることが出来ないのです。
こんな感じです。
「塗装壁の工事」

「ふすま」

壁紙が貼っていない、一般的なふすまは補修できません。畳屋さんか経師屋さんに直接依頼してください。

また、壁紙を使用していてもかなり難しいです。成功率はかなり低いです。
基本的には貼り換えになります。(違う壁紙で。)

「木部」

木部の補修 木部の補修 木部の補修 木部の補修
「木製のドア」、「木製の扉」、「木製の枠」、「巾木」など
これらの穴や傷を直したい場合は仲間の専門業者を紹介しています。お手数ですが直接問い合わせください。
「木部の補修」
また、この業者は金属部の補修もしています。

戻る

Tag: 壁穴 料金