角の破損

角の破損の補修事例です。壁の角の部分は下地に『コーナー』というプラスチックの建材が使用されている場合がほとんどです。この建材を使うことによって綺麗な角が出来るのです。
このコーナーが破損しても交換して直すことは可能です。

コーナー補修 コーナー補修 コーナー補修 コーナー補修 

コーナー補修 コーナー補修

ちょっと話がややこしくなりますが

コーナーの修繕は、部分補修より上から下まで一本丸ごと交換する方が綺麗に修繕できます。(とりあえずの部分補修は可能です。)
そして、壁紙も同様に1面の貼り替えを勧めます。
(途中で継いだ部分が「カクン」と段差になる場合があります。)
賃貸住宅などの場合で部分補修でやるより仕方がない場合もあるでしょう。
そんな場合でも出来るだけ大きい壁紙が用意出来れば結果がずいぶん違います。

パテでの施工事例

角(コーナー)を破損して部分補修。

今回は交換せずに「パテ」を使って補修しました。状態によってはパテでも十分な補修が出来ます。

オレじゃないよ・・・

コーナー部分補修 コーナー部分補修  コーナー部分補修 コーナー部分補修

コーナー部分補修 
(コーナー自体の交換はしていませんが基本的には同様の工事です。)

ここがポイントでございます。

壁紙はクローゼットを剥がした物を移植。
コーナー部分補修 コーナー部分補修 


一戸建てにお住まいの方は

詳しくはコチラ 「一戸建ての補修」

まずは画像を送って見積もりを依頼する


戻る

Tag: 補修 作業説明 施工事例