「面で貼り替える」とは

「部分補修が上手くいかない。」「部分補修では嫌だ。」と言う場合は「面」で貼り替えます。『面』とは端から端まで「一面」ということです。これから詳しく説明していきます。

メリットは

品番やロッドが違っても違和感が目立ちません。

「面」とは

クリックすると画像拡大
面で貼り替える 面で貼り替える
A~Eのそれぞれを「面」と判断します。

どういう基準で判断するのか?

基本的には「入り隅(いりすみ)」と「枠」を基準に考えます。

「入り隅」から「入り隅」まで

「入り隅(いりすみ)」とは
隅とは



ちなみに、でっぱている角のことを「出隅(ですみ)」と言います。
隅とは

イラストで説明すると
隅とは

ジョイント(壁紙の継ぎ目)は区切りの対象にはなりません。

「枠」をからめた区切りまで

枠をからめた区切り 枠をからめた区切り 枠をからめた区切り 
部屋の中で同じ面の壁でも「枠」で区切られることによって2面あると考えることが出来ます。



戻る


Tag: 補修の予備知識