一戸建ての補修

一戸建てにお住まいの場合は一度確認してください。

新築時に使用した壁紙の「余り」がとってあるかどうか。
また、契約書などの関係書類の中に「品番」が分かる資料があるかどうか。


壁紙の「余り」がある場合

その壁紙を使って補修します。
ロッドを気にせず補修できるので工事費用を押さえることが出来ます。
「ロッドについて」


壁紙の「品番」が分かる場合

まず、その「品番」の壁紙が現在も生産されているか私が調べます。
生産されていれば問題ありませんが「ロッド」を意識した施工になります。
「ロッドについて」


「余り」が無く、「品番」も分からない場合は

このような場合でも全く対応できないわけではありません。
「材料が無い場合」





戻る