トップ>ペットの賃貸物件対策>賃貸物件の工事は、この一択

賃貸物件の工事は、この一択

結論

ボロボロになった箇所は、移植で解決する。

このページは、賃貸物件における、壁紙補修のポイントです。
賃貸物件の補修工事において「より安く」「より綺麗に」工事するための工事方法です。
このページの意図を理解して下さい。

※持ち家であっても、補修用の壁紙を持っていない方は対象です。


補修用の壁紙をどうするのか?

「ボロボロになった部分の補修に使う壁紙は、どう準備するのか?」という課題があります。

「新しい壁紙を準備すれば良いじゃないか!」
では、補修は出来ません。

今貼ってある壁紙と新しい壁紙では相性が悪い。
クッキリ、色が違って見えることが多い。


壁紙の補修工事には独特の縛りがある

壁紙の補修工事をするためには、ルール(制約)がある。
このルールを守らないと上手く行かない。

  • 品番を合わせる
  • ロット番号を合わせる
    ※ざっくり言うと、ロット番号とは生産した時のインクの番号。
    (同じインクでも色が違う)

この2つの番号が同じでないといけないんだ!
だから、新しい壁紙を用意するだけじゃダメ!
(品番しか合っていないから。ロッド番号も合わせないといけない。)


解決方法は!

今貼ってある部屋の壁紙を使う。
品番とロット番号が同じ壁紙は「今部屋に貼ってある壁紙」なのです。
だから、どこか目立たない場所の壁紙を剥がして再利用します。


剥がす場所の候補は

お家の中で、クローゼットの中や下駄箱の下などの壁紙を剥がして使います。
その他、「違う壁紙を貼っても分らない。」という場所があります。


例えると「皮膚移植」

皮膚を移植するように、剥がした壁紙を再利用して壁紙補修を行います。
剥がした部分は、似たような壁紙を貼っておきます。
違う壁紙を貼っても、違和感が出にくい場所がポイントです。


「違う壁紙には、抵抗がある!」

大丈夫。そんなに違和感を感じません。
当然、おじさんも気を遣います。バレたら意味が無いから。
「違う壁紙が貼ってある。」と分らない事がほとんど。


剥がした場所に使う壁紙は?

おじさんの車に、いくつか在庫を積んであります。
その中から一番合う物を使います。


もしくは、事前に準備します。

時間に余裕があれば、今部屋に貼ってある壁紙の切れ端を郵便で送って下さい。
カタログと比べて、一番近い壁紙を手配します。
→切れ端を送る際の注意

これまで、ぶっつけ本番でも何とかしてきましたが、当然、このスタイルが一番安心です。(おじさんにとって)

ちなみに、事前に準備する方が少数派です。
だから、おじさんはいつもドキドキ。楽しい仕事をしております。



まずは画像を送って見積もりを依頼する




Tag: 補修の予備知識 賃貸物件



関連ページ